HbA1c の悪化|糖尿病今のままでいいですか?

糖尿病は自分で治すものと心得る

 

糖尿病 薬

糖尿病の治療は、主に食後の血糖値を抑える薬を服用することにより、血糖のコントロールをはかるために行われます。

 

しかし、問題は医者と患者の認識のズレにあります。

 

医者は薬は出すが、食事療法も運動療法も自分でしてね、と言うスタンスなのに対し、
患者は、薬をもらったんだから、後は適当にしておけばいいや、と言う考えなのです。

 

もちろん、患者の中には医者の言いつけをキチンと守って日々真剣に努力する人もいますが、
大半は、軽く考えて薬を服用する以外はあまりやりたがりません。

 

また、食事指導を受けたにもかかわらず、奥さんに協力をお願いすることすらしない人もいます。

 

要は、患者が糖尿病の恐ろしさを十分に分かっていないと思われます。

 

糖尿病の進行具合を判断する一つの指標としてHbA1cがあります。

 

病院では、このHbA1cが前回検診の時より良くなったか、悪くなったかでその原因を尋ねられます。

 

食事も運動も気にかけてやったとしても効果は中々現れません。

 

HbA1cの値は横這いか、若干良くなるくらいでしょう。

 

ところが、慢心して何もやらなかったら、たちまち悪化に転じてしまいます。

 

そして、身体に糖尿病の影響が出てきて、初めてその恐ろしさを実感します。

 

糖尿病の薬は元来、高血糖状態を一時的に回避するだけのものです。

 

ですから、患者は食事療法や運動療法を真剣に取り入れない限り、一生薬を手放せません。

 

ところが、食事はまだ良いにしても、運動は長期間に亘ってしなければならないので、一体どこまで続くのかわかりません。

 

このような意味で、医者任せだけでは治りませんし、せいぜい現状維持が保てることくらいでしょう。

 

事実、糖尿病患者及び予備軍は年々増大しています。

 

結局、糖尿病は自分自身で解決しなければならない病です。

 

病院以外に目を向けるとしたら、サプリや特保の飲料等が思い浮かびます。

 

しかし、これ等の商品が本当に効くなら、その噂が広がり、皆利用するでしょう。

 

効果も曖昧、価格も高額、なら利用する必要性はありません。

 

糖尿病になる原因は様々なものがあります。
例をあげると、
肥満、特に脂肪肝の人
過食・高脂肪食
運動不足
喫煙
ストレス
等の習慣が長く続いた場合です。

 

また、これに関連して、膵臓が頑張って糖を細胞に取り込ませるよう働きますが、やがて
膵臓は疲労困憊になり、インスリンの出が悪くなります。

 

こうなると、糖は血液に送られます。

 

一番直接的な問題は、食後の血糖値の上昇にあります。

 

特に常食している白米が問題です。

 

白米はGI値が非常に高く88です。
GI値とはグリセミック指数といって、炭水化物が消化されて糖に変化する速さを 相対的に表す数値です。
ですから、この値が高ければ高いほど、血糖値が急上昇します。

 

血糖値の改善は、簡単に考えると、白米を始めとするGI値の高い食品を摂らないことです。

 

しかし、現実問題としてそれは不可能事ですから、食後の血糖値を抑える何かを摂る必要があります。
@白米に替わるものを主食とする
A食前に食物繊維の多い食品を食べる。
というような事が考えられます。

 

血糖値の上昇が抑えれれば、それに比例して膵臓も徐々に元気になってきます。

 

何れにしても、体内で起きていることですから、目で見える形、
すなわち、定期健診は欠かせないです。

 

自分で改善していって、そして定期健診でHbA1cの値を確認する試行錯誤も必要です。

 

運動を継続していけば効果があるのは間違いないですが、出来ない人もいます。

 

毎日一定時間取れて、天候も気にしなくて良い人は、しかしそうそう多くいるとは思えません。

 

となると、食事を見直し、改善していくしかありません。

 

私が摂った方法は、これです。

↓↓↓↓↓

【糖尿病】薬なし注射なしで、食事だけで血糖値を下げる藤城式食事法DVD。たったの3日でも血糖値が下がっていきます。改善しなければ100%返金。(DVD付き)

 

これがキッカケで、それまでHbA1cが6.8あったものが2ヶ月後5.8、3ヶ月後5.6にまでなり、それ以後6.0を超えることはありません。

 

今では薬は一切飲んでいないです。

 

間違った方法は論外ですが、糖尿病は正しい方法で、自分自身で治すものと理解して下さい。